ボディコンバット フォームをかっこよくするには?

「ボディコンバットをかっこよくやりたい」という相談を受けることがあります。

ネット上にも同じ相談をしてるケースがあります。

よくあるアドバイスは

  1. 最前列でやる
  2. グローブをつける
  3. レスミルズのDVDを買って観る

もっともらしいけど、全部ダメです。

最前列でやってるから、上手いわけではありません。

コナミ、ルネサンス、セントラルでも同じ格闘技系レッスンを見てきてますが、

最前列=上達するというのは絶対ではありません。

グローブをつけてる人でも下手な人はいます。

下手の横好きがグローブだけつけてるだけというタイプも多いです。

がんばればうまくなると言いたいのでしょうけど、ただがんばってるだけでうまくはなれません。

ボディコンバット参加者の98%はフォームができてないです。

ベテランでノリノリの会員でも曲の雰囲気にまかせて、

でたらめなままがんばってるだけという感じです。

フォームがかっこいい人はコンバットやった効果は高く、体が締まってます。

フォームができてる=運動効果が高い→負荷を上げれば、効果増

フォームがダメ=運動効果が低い→負荷を上げても、効果がない

汗をかいてもたいして効果がないのはフォームがなってない人です。

ちゃんとしたフォームでコンバットをやって、負荷を上げたら60分クラス(マスター)なら、

ぐったりなります。

フォームがなってない人は汗はかくけど、疲れてない(疲れが少ない)ので効果が薄いです。

スポンサーリンク

フォームをかっこよくするなら、格闘技の基本から学べ

私が必ず推奨するのは格闘技の動きを基本から学ぶことです。

ボクササイズだから〜となめてる人でフォームがキレイな人はいません。

フォームができてる人は格闘技の動きを基本から練習した人ばかりです。

私はボクシング、空手(極真黒帯)、日本拳法(師範代)の人たちから、基本を教えてもらいました。

あとは教本を買って、チョコチョコ練習しました。

大橋秀行 クエスト 2013-01
売り上げランキング : 2294789

ひたすら鏡の前でフォームを確認して毎日ヒマさえあれば、5分でも練習しました。

その積み重ねで今は「フォームがキレイでカッコイイ」と褒められるようになりました。

ボディコンバットのDVDに出てくるインストラクターは格闘技専門の人間ではないです。

まして国内のレスミルズインストラクターも格闘技経験者ではないことが多いです。

フォーム自体はあまり参考になりません。

同じレッスンに出てるうまい人に教えてもらう

これが一番早いです。

「あのーフォームがうまいし、きれいだから教えてください」

この一言を言えば、喜んで教えてくれる人います。

「オレ(アタシ)なんかが声かけて邪魔しちゃ悪いし・・・」

って無駄な遠慮してる人が多いです。

日本人はいちいち遠慮して声をかけたりしません。

仲良くなって一緒にレッスンに出て、レッスン開始前と終わりに少しずつ見てもらえば

確実にうまくなります。

それとプラスで自己練習すれば確実に上達します。

見てるだけでうまいフォームを見よう見まねでできるセンスがあるなら、

後ろにつくだけでもいいでしょう。

格闘技の動きは見てるだけで身につくほど甘くはありません。

格闘技の基本をしっかり理解した上でコンバットをしてる人

コンバットの動きを真似だけで何とかしようとする人

フォームに差が出て当たり前です。

見よう見まねの感覚まかせではいつまでたっても、フォームは変わりません。

フォームをかっこよくするなら、格闘技の知識を得ることとうまい人に教えを請うこと。

本格的にやらずともそれだけでフォームは劇的に変わります。

私は空手パンチはこのDVDを参考にしてます。

香川 政夫 永岡書店 2010-05-22
売り上げランキング : 29367

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントは受け付けていません。