「〜色の服」を英語で言える?

「赤色のシャツ」と英語で言おうとすると、日本人的発想をすると
a shirt of redと言いそうなものです。

実際はa shirt in redと言います。

「このシャツの白ってあります?」と英語で言うなら、
Do you have this shirt in white?
と言います。

色を表すときは「in」を使います。

ofで良さそうなイメージですが、これはinのコアイメージ「〜の中にある」を使います。
シャツが色の中に囲まれているイメージを考えます。

こう考えると理解できませんか?

ofが使えない理由はofが持つコアイメージ「全体として重要なつながりとしての部分」のニュアンスです。

シャツの色はシャツそのものの作りの一部としては考えません。
青にも黒にも染めてしまえるので、シャツそのものを作る絶対必要なパーツではないからです。

そういうわけで、色の中にあるイメージ→inを使います。

暮らしの英会話表現辞典という表現集にもinを使った洋服の色違いの表現が載っています。
参考にチェックしてみてください。

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA