ご飯がめちゃくちゃススム!豚肉ニンジン玉ねぎの味噌炒め

今回はニンジンと玉ねぎの残り物で作る肉野菜炒めのアレンジバージョンです。

味噌で炒めたら、うまいそうだという仮説を検証してみました。

用意するもの

image

3人前

豚肉 400g

ニンジン 中3本

玉ねぎ 小4つ 大なら2つでOK

調理酒

醤油

砂糖

味噌

下ごしらえ

豚肉は片栗粉と酒でまぶして置いておきます。

image

ニンジンは細切りにします。

image

たまねぎをざっくりスライス

image

味噌と酒、砂糖、醤油を混ぜてタレを作ります。

image

タレは

味噌 大さじ2

砂糖 大さじ2

醤油 大さじ2

酒 大さじ5

ぐらいです。

好みで味見しつつ、醤油と砂糖の量を加減すると味がだいぶ変わります。

この辺は好みで分量を足したり、調整したりすればいいと思います。

調理

フライパンにサラダ油をひいて中火で肉を炒めます。

image

焼き目がついたら、一旦皿に取り出します。

image

そのままフライパンに油を足して、ニンジンを炒めます。

image

ニンジンの色が透明になってきたら、たまねぎを投入

image

たまねぎがバラバラになったら、肉を炒めます。

image

よくかき混ぜます。

ここでタレを投入します。

image

タレを入れたら、全体に絡ませて2,3分程度でいいので汁気が飛ばします。

image

これで完成。

あとは炊いたご飯と一緒に

image

by土鍋おこげ

食らうだけです。

完成。

image

image

今回はフタバのゆずこしょうふりかけにしました。

image

image

ピリ辛とゆずの味がまいう〜

おかずと合わせてこれだけでご飯2杯はいけます。

Amazonにも売ってますが、カルディーコーヒーに売ってる方が圧倒的に安いです。

カルディーコーヒー近くにある人はぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA