PS4版デッドバイデイライト トラッパーの立ち回りのコツ(罠の仕掛け方場所編)

どうもだぶさんでございます。

デッドバイデイライト殺人鬼ランク1達成しました。

Dead by Daylight トラッパー殺人鬼ランク1

いろいろトラッパーの検証をしました。

トラッパーはサバイバーをどれだけ罠にかけられるかが重要なポイントです。

トラッパーの罠にかけられなくて苦手という友人もいたので、罠にかかりやすくなる仕掛け方のコツを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

トラッパーの罠の仕掛ける場所は大きく2つに分かれる

罠の仕掛ける場所大きく3つに分かれます。

  1. チェイス中に逃げ込むポイント
  2. 発電機周り
  3. 隠れやすいポイント
  4. 階段を登りきったところ

この4つのポイントに仕掛けると罠にかかりやすくなります。

1.チェイス中に逃げ込むポイント

サバイバーは追いかけられると必ず時間を稼げる場所に行きます。

いわゆる「強ポジ(強いポジション)」のことです。

小屋周り、大きな建物などです。

窓枠や板に置いて、罠にかけます。

罠にかからなくても逃げるルートを制限することで追いかける時間を短縮することができます。

2.発電機の周り

この方法は場所が限定されます。

  1. クロータス・プーレン・アサイラム
  2. マクミラン・エステート
  3. バックウォーター・スワンプ
  4. 山岡邸

この4箇所で通用します。

特にマクミラン・エステートは強いです。

3.隠れやすいポイント

山岡邸を例に動画で紹介します。

4.階段を登りきったところ

階段の上は死角になります。

レリー研究所で成功した例です。

建物の階段の上は無警戒の場合がよくあります。

そこを狙って罠を仕掛けておくと有効です。

以上がよく罠にかかるパターンです。

罠にかかったあとに新たに置き直す有効な方法は次回紹介します。

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA