Dead by Daylight 初心者向け 全滅を目指すために必要なキラーの立ち回り方 基本編

最近、周りの友人たちからもデッドバイデイライトのことを聞かれます。

一番多い相談はキラーでサバイバーを見つけられずに簡単に全員逃げられてしまうという話です。

ただ単に追いかけ回して攻撃してるだけではサバイバーの思うツボです。

ランクが上がると闇雲なだけでは簡単に逃げられます。

大きく3つのポイントを押さえておくと有利に進めることができます。

スポンサーリンク

ゲーム開始後は一番遠い発電機からチェックする

サバイバーの位置はランダムですが、キラーのいる位置から遠い場所にいます。

大体は一番遠い発電機の近くにいます。

心音が鳴らないので発電機を直し始めます。

開始位置から一番近くの発電機をチェックするのはまずムダと考えていいです。

一番遠くに見える発電機に直行すると大体は発電機を直していて、隠れてます。

近い位置から発電機をチェックしてると2個ぐらいは一気に修理をされてしまうことがあります。

まずは一番遠い発電機にまっしぐらに向かう方が確実です。

ヘッドフォンでプレイしよう

キラーをやっていてサバイバーが見つけられないことありませんか?

サバイバーは本当は目の前に隠れていたのに音を聞き漏らしてるから位置がわからないことがあります。

キラーをやってる友人たちの中には普通にテレビの音だけでプレイしてることが多かったのです。

サバイバーが見つけられない理由として納得できます。

初心者の人はヘッドフォンをするだけでもプレイの精度をめちゃくちゃ違うことを知りません。

普通に他のゲームと同じような感覚でプレイしてます。

正直言うと、サバイバーのわずなか音はテレビのスピーカーでは全くわからないことがあります。

それぐらい小さな音で隠れてる場所がわかることがあります。

あとは音が聞こえた方角を把握してるかどうかです。

わずかな音の聞き取りがサバイバー発見の精度になります。

検証してみると、ヘッドフォンをしないと全く見つけられないことが多かったです。

ヘッドフォンはするしないだけで大きく違います。

FPSと同じでヘッドフォンをしてプレイするのがおすすめです。

ヘッドフォンなしではキラーは大きなハンデを背負います。

私が使ってるゲーミングヘッドフォンはこちら

コスパがよくて初めてのゲーミングヘッドフォンには最適です。

フレディは特に音の把握が重要になってきます。

ヘッドフォンなしでプレイするのは大きなハンデを背負ってるようなものです。


サバイバーの逃げ方の癖を観察しよう

サバイバーをプレイする人は大きく3つのパターンに分かれます。

  1. 板を倒してとにかく遠くに逃げるタイプ
  2. 建物や物陰に隠れて視界から消えて逃げ切るタイプ
  3. 時間稼ぎ&囮タイプ(上級者に多い)

1はとにかく追いかけて攻撃を当てることだけに専念すればOKです。

初心者やチェイスに自信がないタイプに多い行動パターンです。

2番のタイプはダッシュとしゃがみ移動を組み合わせて建物や物陰をうまく使って逃げようとするタイプです。

このタイプは視界から消えて裏をかく行動をします。

窓枠を飛び越えて建物をよく使います。

強ポジと呼ばれる逃げ回ることに最適な場所を好む傾向があります。

素直に行った方向ばかり行くと、見失うことが多いです。

なるべく視界から消えないように後ろを追いかけけつつ、

予想を立てて先回りすることが重要です。

窓枠を飛び越える→奥に逃げたフリ→同じ窓枠から戻ってくる

などの行動パターンをよくします。

窓枠の先に回り込むフリでフェイントをしてみて、誘い出すなど工夫してみると追い詰めやすくなります。

3の時間稼ぎタイプはとにかくうまいです。

板の位置や窓枠の使い方が絶妙で、急旋回で攻撃をかわしてきます。

こういうタイプのサバイバーを仕留めるのに時間を稼がれるのが一番逃げられやすいです。

時間がかかりそうと思ったら、別のサバイバーにターゲットを変えることをおすすめします。

いくらうまくても他のサバイバーを処刑したあとでは、不利な状況を作れば勝ち目が出てきます。

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA