PS4版デッドバイデイライト トラッパー攻略 罠のしかけ方のコツ

トラッパー大好きだぶさんです。

トラッパーは罠にどれだけかけれるかで戦況が変わります。

どこに罠を置けばいいかと迷うことが多いです。

そこで今までいろいろ検証してきて、ここは引っかかりやすいというポイントを紹介します。

スポンサーリンク

トラッパーの罠をおすすめスポット

トラッパーで罠を置くおすすめスポットは以下の通りです。

窓枠

サバイバーは逃げるときに窓枠を使います。

特に建物の窓枠は頻繁に逃げ込みます。

いわゆる強ポジ(強いポジション)で逃げ回って時間を稼ぎにきます。

ここで時間を稼ぐのを阻止するために窓枠に置いておきます。

見つけると慌てて逃げ込むので大体は簡単にかかってくれます。

ゲーム開始後に最初に罠を置いておきましょう。

発電機近くの茂み

発電機を見に行くとサバイバーは当然隠れます。

そのときに罠を近くに置いておくと高確率で引っかかります。

隠れようとするときに踏んでくれる可能性大です。

直しかけの発電機があるときは置いておくと◯

パレットの周り

鉄板のパレット下に置く罠が解除されたら、また設置しないといけないです。

これは時間の無駄です。

パレット下の罠は広まり過ぎて、わかっているサバイバーにバンバン解除される可能性があります。

パレット下に罠を置いたらほぼ全部解除されました。


罠の位置を変えて置くと、罠を解除しまくっていたメグが最後に引っかかてくれました。

パレット下ではなく、パレットを倒して逃げるときに使う位置に置いておくと

かなり効果的です。

隠れやすいスポット

オートヘイヴン・レッカーズはマップ中央あたりが隠れやすいです。

見つけると逃げ込んでグルグルして時間を稼ぎにきますので、

隠れやすい位置に罠を置いておきます。


こうすると連続でかかって一気に全滅させることができました。

オートヘイヴン・レッカーズは隠れやすいスポットにパレットもあるので、

パレット下は避けて周りがおすすめです。

トラッパーの罠は強ポジ潰しに最適

パレット下ではなく、窓枠と階段上を中心に罠を設置。

階段が引っかかったら、パレット下に変えて罠にかけました。

パレット下には置かないと思わせておいたおかげで引っかかってくれます。

強ポジは必ず罠を置いて逃げ回るのを阻止するのがおすすめです。

トラッパーは時間稼ぎの逃げ回りを阻止するのに最適なキラーです。

だからこそ全滅が狙いやすくなります。

救出トラップで一発逆転

罠かけ成功することこんな奇跡的な全滅をさせることもできます。

脱出ゲート解放後は必ずサバイバーは吊るした仲間を助けにきます。

そこで罠をしかけて距離を開けて誘い出し、罠にかけます。


2,3人一気にダウンさせて吊るすことができます。

これはうまくいって全滅させることができました。

フックの場所によっては救出トラップが成功しやすいです。

一発逆転もできます。

トラッパーは罠のかけ方1つで戦況が変わるので、

いろいろ工夫してみると面白いキャラクターです。

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA