洋書の読み方 確実に内容を理解し、読めてるつもりをなくす方法

洋書好きな人でも結構やらかす問題は読めてるつもりで読んで全然内容理解ができてないことです。
洋書だけを読むと本当に内容がわかってるかどうかが感覚まかせで確かにわかっているという証拠にはできません。

洋書を読めてもないのに読んだつもりでは読解力は上がらないです。
それに全然力もつかないので、TOEICを受けてもあまり点数が上がりません。

こういうのは損なやり方です。

確実に内容を理解して読めたかどうかをしっかりと確認するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

洋書を確実に読めるようになる方法

洋書と日本語翻訳版の2冊用意する


洋書の原書と日本語訳された本の2冊を用意します。

wp-image-473165806jpg.jpeg

読み方



英語→日本語の順で読む
区切りは1チャプター、2チャプターぐらい

日本語訳はおおよその理解できてるかどうかの確認になります。

1冊全部読んでからというやり方では途中の内容が抜けて忘れてしまいますので、
あまりおすすめはしません。

この方法のメリット

  1. 読めてるつもりがなくなる
  2. 内容の理解のズレが減る
  3. 日、英の表現の仕方の違いに敏感になる(語感が上がる)



この3つが大きいです。


今回写真で紹介した本はこちら

アンジェラ・ダックワース ダイヤモンド社 2016-09-09
売り上げランキング : 7

Amazonで探す

Kindleで探す

楽天ブックスで探す

楽天koboで探す

7netで探す

hontoで探す

e-honで探す

紀伊國屋書店で探す

スポンサードリンク







このブログを書いてる人

だぶさん
東京暮らしを楽しんでいる30代の男。 物事の観察と言語化が得意技 何かを成し遂げるにはメンタル面の重要さに気づき、とうとう心理カウンセラーの資格まで取ってしまうほど学習にハマる。 九州育ちの九州男児だが、亭主関白にはなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA